8.8%の小中学生に発達障害の可能性

35人学級のうち約3人が発達障害の可能性があるとして、1人の担任では手が回らないことが危惧されている。教員だけに任せるのではなく、今後親になる世代も理解してサポートしていく必要があると思う。また「飛び級」や「留年」は、日本社会において浸透していないため、教員や親、子ども達が混乱してしまう可能性もあるのではないかと思う。まずは1人の担任だけではなく、さらに発達障害の知識があるスタッフを取り入れることで、子どもたちの個性をのばし尊重し合うことができるのではないかと考える。

女子大生MI