公務員定年延長

各自治体で、公務員の定年を段階的に延長するため、条例改正などの準備が進められている。少子高齢化が進む中、ベテランたちに活躍してもらう環境をどのように作るかがカギとなると考える。
60歳をすぎたベテラン職員がいることで、人材確保をすることができ、若手職員がのスキルアップになる。しかし、どれだけの人が60歳をすぎても職場にとどまるのか、職種によっては体力的な問題もあるためベテラン職員と若手をどのように交じって勤務をこなすのか、現時点で課題は多くある。よりよい職場の環境づくりをしていくために、現場での模索をしっかりと行ってほしい。